東北大学(青葉山キャンパス、川内キャンパス)に行くには

〔のりこ様のカンタンレシピ〕

 
 

仙台駅前から

東北大学
【青葉山キャンパス】【川内キャンパス】 へ バスで行く方法
 

Img_0598

東北大学(青葉山キャンパス・川内キャンパス)は、仙台駅から西へ、広瀬川を渡った青葉山周辺にあります。

(だいたい仙台城跡の方向です。)


大きな地図で見る

青葉山(あおばやま)キャンパスには、理学部、薬学部、工学部などが、あります。

川内(かわうち)キャンパスには、文学部、教育学部、法学部、経済学部、附属図書館、萩ホールなどが、あります。

※このほか、「東北大正門前」というバス停のある「片平キャンパス」、医学部・大学病院などのある「星陵キャンパス」、農学部などのある「雨宮キャンパス」などもありますが、このサイトには掲載していません。

※「片平さくらホール」は、「片平キャンパス」にあります。このページに行き方は掲載していません。

 
 
【仙台駅前からのアクセス】

 
仙台駅前のりばで、どこに並んでいいかわからない場合があります。

初めてのときは、近くにある案内所などで聞いたほうが、いいでしょう。
 

◇ おすすめのバス ◇
のりば 西口バスプール 9番のりば
のるバス 710、713、715、719系統
ダイヤ 昼間1時間あたりの本数は、
平日なら約4~5本、
土曜・休日なら約3本。

運賃
(大人)

川内キャンパス:180円

青葉山キャンパス:230円
(理学部自然史標本館前・情報科学研究科前・

工学部西・工学部中央・情報科学研究科西・

青葉山植物園ゲート前)

下車

「青葉山キャンパス」というバス停はありません。
それぞれ学部や施設などの名前がついたバス停があります。

※理学部・薬学部については、719系統が便利です。(ルートが違うため)

ほかにも行ける方法はありますが、本数が少ないなど初心者むけではないので、記載していません。

 

仙台駅前のりば案内図

H2507_2

 

9番のりばの主なバスと時刻表はこちらから
「仙台駅前9番のりば」(サイト内別ページ)へジャンプ

仙台の路線バスは、基本的におつりが出ません。車内前方の両替機を利用するか、あらかじめ小銭を用意しておきましょう。
Fh000019

→動画「スマートな運賃の払い方」(サイト内別ページへジャンプ)
 

「東北大川内キャンパス・萩ホール前」は、かつては「扇坂」という名前のバス停でした。

青葉山キャンパスの「理学部」「薬学部」方面へ行くとき・・・系統番号によって青葉山付近でのルートが違います。

「理学部」「薬学部」方面には、「理学部自然史標本館前」のバス停を通る「系統番号719番」のバスを、おすすめします。


↓仙台駅前9番のりばの表示
Img_0963   

初心者は、行き先の名称に惑わされず、3ケタの系統番号をよく確認して乗りましょう。

Img_0967


◇青葉山キャンパスから仙台駅への戻り方
 
青葉山キャンパスでは、行き先の異なるバスが行き交っており、行き先によって「のりば」も離れているなど、不慣れな方には、難しいことがあります。各学部等のアクセス案内のWEBサイトを事前に見るなど、下調べを充分にしてから行きましょう。

・青葉山キャンパス付近のバスのルートを整理してみました。(試作品です)
間違いもあると思いますので、参考程度に見てください。なお、掲載した以外にもバスはありますが、初めての人向けにわかりやすい系統に絞って編集してあります。
→ PDFファイル(900kB)をダウンロード  (A4サイズ白黒片面印刷を想定)

Img_0985
↑工学部付近の並木道

 


<このページは>

仙台の路線バスに「不慣れな方むけ」に編集したものです。

わかりやすいように、主なバスだけを紹介しています。

ほかにもバスはありますが、本数の少ない系統や通勤通学むけの情報などは省略しています。

「交通を考える研究会」が自主的に制作したものです。内容について交通事業者等への問い合わせはしないようお願いします。(監修はうけていません。)

※2014年4月現在の情報です。

間違いなど、お気づきの点は、下の方のコメント欄から送信してください。

 
 バスを上手に使ってね。

 のりこより

 
 

 | HOMEへ | ↑ページの先頭へ 

 

 

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。